貝がら公園を楽しもう

貝がら公園。正式名は『小名浜中央公園』。今回は貝がら公園を鑑賞しました。

小名浜の南君ヶ塚にあるとても広い公園です。どんぐりがたくさん落ちています。

まるで魔神ブウの家です。これが貝がら公園の象徴である『貝がらすべり台』です。

僕が子供の頃と色が違います。

昔は肌色で、もっとざらざらしていました。

そして耳なし芳一のごとく無数の落書きBombで全体を埋め尽くされていました。

つのの先やとげの裏まで「どうやってここにかいたのだろう?」という場所まで容赦なくびっしりとBombされていました。

しかし、それらのひとつひとつのメッセージが過激かつオゲレツであるため、何度かペンキを塗られ、今はこの鮮やかなオレンジ色です。

 

ではBombがなくなったのか思われるでしょうが、近づいてよく見ると相変わらずBombされています。

 

それではほんの一部だけ紹介しましょう。

まさに『愛のバクダン』です。

このメッセージ性のなさを気軽にBombしてしまう無邪気さ。

ちなみにここは貝がらすべり台の出口です。

 

以上、紹介した3点はほんの一部です。

じっくり鑑賞した結果、僕は驚くべき発見をしたのです。

 

なんと前回の『たこ公園』とこの『貝がら』では、Bombの性質が少し異なっているのです。

まず、立地ですが、この2つの公園は学区がまったく違うのです。

『たこ公園』は『鹿島地区』に近く、同じ小名浜でも割と都会のイメージがあります。

『貝がら公園』はまさに小名浜の中央に位置。うまく言い表すのが難しいのですが、プリミティブな感じがします。

 

実際のBombをここで比べると画像だらけになってしまうので、僕がそれぞれのBombをくらべてパラメータを作りましたので、参考にしてみてください。実際に鑑賞するとそに違いに軽く驚くと思います。

『知性、エロさ、憎悪、愛、怒り』の5項目でステータスを構成しました。

さて、突然なんなんだとお思いでしょうが、宇都宮にある美術館に行きました。

隣接している公園で水を飲んでいると、おや? なにやら奥に見えますね。

どどん! なんと貝がらすべり台が!!!

 

なんと、ほぼ同じ形の遊具があるのです!

こっちの貝がらすべり台は、小名浜のと比べると少しでかい!

 

そして窓がない!

はしごを小名浜の写真と比べてみてください。こっちのは一段目が低くて登りやすい!

さっそく登ってみると、はしごにゆるいカーブがあってやさしい。

 

しかしすべり台は、小名浜のより急でスリリングでした。

こっちの貝がらも出口から登るチャレンジャーが。

とてものどかな公園です。遊具にBombは全くと言っていいほど見当たりません。

のどかです。

おわり

 

※落書きをしてはだめだよ!